視力回復用語集

老眼(老視)

ろうがん(ろうし)

目の障害の一つ。加齢によって水晶体の弾力が低下し、調節力が低下する現象を指す。
おおむね、40才前後より発症。近距離に焦点を合わせずらくなるため、専用の凸レンズを使用したメガネ(老眼鏡)で視力の矯正を行なう場合が多い。

 ページトップへ

 このページの上部へ