視力回復用語集

角膜実質層

かくまくじっしつそう

角膜を構成する5つの層(5層構造)のうち、中心部のもっとも厚い層を指す。レーシックの屈折矯正が行なわれる部位であり、厚みや光の屈折率に個人差がある。
※角膜の5層構造は、表面から順に「角膜上皮」「ボーマン層」「角膜実質層」「デスメ膜」「角膜内皮」となる。

 ページトップへ

 このページの上部へ