視力回復 ニュース

スマホ老眼の症状をチェック!20代・30代に急増するスマホ老眼を予防するには?

スマホ老眼とは?

今や、生活の必需品となっているスマートフォン(※以下スマホ)。近年、スマホの長時間使用による目の酷使から、老眼のような症状を訴える「スマホ老眼」の人が、20代~30代の若年層を中心に増えている。
そこで、今回の視力回復ニュースでは「スマホ老眼」をピックアップ。スマホ老眼の症状や予防法を紹介する。

関連特集 スマホ老眼の対策と予防におすすめの5つの方法

スマホ老眼の原因

老眼とは、40代前後ではじまる目の老化現象のこと。老眼は、目の中でレンズの働きをする水晶体が加齢とともに硬くなり、ピント調節をする毛様体筋の弾性が低下することで、遠近のピントの調節がしにくくなり、新聞や本など手元の細かい文字が見えにくくなる症状が出る。

一方、スマホ老眼はスマホやパソコンなどを長時間眺め続けることで、ピントを調節する毛様体筋が緊張しつづけてしまい、一時的に近くの物体にピントを合わせにくくなる「老眼」の症状が起こること。スマホ老眼の原因は、毛様体筋の酷使やスマホ・パソコンのLEDディスプレイに多く含まれるブルーライト等だと言われている

スマホ老眼の症状をチェック

スマホ老眼

以下の項目に当てはまる症状があれば、「スマホ老眼」の可能性が高い。

  • 目が疲れやすい
  • 細かい文字が読みにくい
  • 薄暗い場所で見えにくいことがある
  • パッと視点を変えたときに、視界がかすんで見える
  • スマホやパソコンをしばらく使わなければまた見えるようになる

スマホ老眼の予防法

スマホ老眼の予防法としては、以下の項目を挙げることができる。

  • 時々スマホ・パソコンから目を離して遠くの景色を見る
  • 疲れたら目を温め、目の周りの血行を良くする
  • 意識的に瞬きをすることで、ドライアイを解消する
  • こめかみの辺りのくぼみ部分にある老眼予防に効くツボを押す
  • スマホ・パソコンを長時間見る際は、ブルーライトをカットするメガネをかける

メールやインターネット、ゲームや動画の視聴など、スマホに集中している時間が長くなると、知らないうちに目を酷使し、気付いた時にはスマホ老眼の症状に悩まされている・・・という人も少なくない。

日頃から、スマホ老眼を予防する方法を取り入れ、目を大切にしながらスマホを使うことを心がけよう

 ページトップへ

 このページの上部へ