視力回復 ニュース

睡眠不足と視力の関係は?睡眠不足だと視力が悪化するって本当?

睡眠不足が続き、眼の調子が悪いという経験は、大人になると誰もが一度や二度は経験しているものです。医学的な見地から考えると、睡眠不足と視力悪化に明確な相関関係があるという証明まではなされていませんが、睡眠不足が間接的に、視力を悪化させる原因になりえることに疑いの余地はありません。

今回の視力回復ニュースは、睡眠不足と視力の関係をわかりやすく解説します。

視力悪化の原因に、睡眠不足があるのではと考えている方は、是非最後までチェックしてみてください。

睡眠

睡眠不足と視力の関係で、まず考えなければいけないのは、身体が疲れると身体機能が低下するのと同じように、眼も長時間活動を続けていると疲労が溜まり、機能が低下するという点です

この眼の疲れのことを眼精疲労と言います。眼精疲労の状態が続くと、眼がかすんだり、何かを見るときの認識に時間がかかるという状態が引き起こされます。

車を運転する方であれば、疲労が残る状態で車を運転し、目の前の標識や障害物の認識が遅くなり、運転時に危険を感じた経験をしたことがあるのではないでしょうか?

これも眼精疲労に起因した目の機能低下が原因であり、主に睡眠不足がこれらの問題の要因です。

この問題を解消するためには、睡眠の質と量が重要になります。睡眠は眼を休め、リラックスさせ、疲れを取る効果があることから、この眼の機能低下を引き起こさないためにも、適度な睡眠(※7時間前後で個人差あり。重要なのは快適な状態で眠ること。睡眠30分前にはスマホの操作をしないなど、眼と脳をしっかり休めること)を心がけましょう。

眼は高い回復力を備えた人体のパーツの1つであり、一度や二度の眼精疲労程度では視力が悪化する訳ではありませんが、慢性的な睡眠不足が続き、眼を酷使していると、視力の悪化含め、眼のダメージが顕在化しても何ら不思議はありません。

そして一度視力が悪化すると、それを回復するのは容易ではないという点にはくれぐれも注意しましょう。(※視力を回復するために、様々な方法が考案されていますが、2017年7月時点で視力を回復させるための最も有効な手段はレーシック含む視力回復手術であり、他の方法は確率が極めて低いか、効果に乏しいのが現状です。)

睡眠不足は眼の機能を低下させるということ、またその状態が慢性化すると、視力自体が悪化する可能性があるということを念頭に置き、眼に優しい生活を心がけましょう。

 ページトップへ

 このページの上部へ