視力回復相談室

視力回復に関する様々な質問に回答する相談コーナー

メガネやコンタクトレンズの使用で目が悪くなるというのは本当でしょうか?

Q.3

回答

視力回復編集部

メガネやコンタクトレンズの使用で目が悪くなるということは基本的にはありません。
適度な視力矯正(概ね0.8~1.0程度)であれば、まったく問題ないと考えても良いでしょう。

しかし、矯正の度合いが強すぎたり(過矯正)、視力が低下しているにも関わらず矯正をしないで生活していると、どうしても目を酷使してしまい、眼精疲労に陥りやすくなります。

このような眼精疲労は、視力低下の原因になりますので、視力に見合ったメガネ・コンタクトレンズの選択を行なうことが大切です。
また、不規則な日常生活も、メガネやコンタクトレンズの使用の有無に関わらず、眼精疲労・視力低下の原因となります。

メガネやコンタクトは、連続使用するだけで眼に負担をかけています。必要のないときは外すように心がけましょう。※特にコンタクトの方は、コンタクトに頼りすぎる傾向があるので、十分に注意しましょう。

視力回復相談室で相談する

 このページの上部へ