視力回復相談室

視力回復に関する様々な質問に回答する相談コーナー

AKB48の前田敦子さんがレーシックを受けたそうですが、本当に安全なのですか?

Q.34

最近AKB48の前田敦子さんがレーシックを受けたそうですが、いくら信頼性が高いとはいえ手術なので、100%安全と言うことはないと思うのですが、どうなんでしょうか?失敗にはどんなケースがあるのでしょうか?

ゆき・広告営業・27才

回答

AKB48の前田敦子さんがレーシック手術を受けたのは事実で、ブログから南青山アイクリニックにて手術を受けたと思われます。こちらのレーシック院は価格が高いので一般人より芸能人やスポーツ選手、高額納税者等の利用が多いと言われていますが、13年間感染症等を出しておらず確かな実績を持つ、レーシック院です。

視力回復編集部

さて、ご質問頂いたレーシックの安全性ですが、おっしゃるようにレーシックは手術ですので100%安全ということはできません。実際の失敗例としては、以前ニュースにもなりましたが、銀座眼科(※注:銀座眼科と銀座近視クリニックは全く別の病院です。)殺菌消毒等が不十分なまま手術を行なったことで感染症を引き起こし、手術を受けた方が重体になる事例がありました。また、一般的には視力が想定ほど回復しない場合や、多くの人が術後しばらくすれば完治しますが、ドライアイになりやすいという点がレーシックのリスクと言えるでしょう。

しかし、前述した南青山アイクリニックが13年間感染症を出していないように、品川近視クリニックや、SBI新宿近視クリニック、神奈川アイクリニックのようなレーシックを専門とする病院では、十分な管理体制が敷かれており、感染症の事例はもちろん、ほとんどトラブル等も起こっていません。

100%安全と言う事はありませんが、レーシック手術で失明を起こしたというような事例が世界で1件もないという事実から考えてもレーシックが極めて安全な手術であるということは間違いないでしょう。

ただ安いから、家から近いからといった理由でレーシック眼科を選ぶのは大きな誤りです。過去の実績や眼科専門医がいるかどうか、術後のサポート体制が整っているかどうか等、しっかりと比較した上で自分が手術を任せられると思えるレーシック眼科を選ぶようにしましょう。

視力回復相談室で相談する

 このページの上部へ