視力回復相談室

視力回復に関する様々な質問に回答する相談コーナー

レーシックの痛みはどれくらい?

Q.39

レーシックの手術は、痛みはどれくらいあるんでしょうか?

視力を良くしたいのですが、痛いのがとても苦手なので悩んでいます。

普通に耐えられるくらいの痛みですか? 痛みの少ないレーシックというのもありますか?

Coco21・20才・学生

回答

一般的に、レーシックでは手術前に点眼麻酔を使用するため、手術中の痛みはほとんど感じません

視力回復編集部

ただし、手術後に麻酔が切れたあとは、人によって目の痛みやゴロゴロする感触(異物感)を訴える人もいます。
また、手術中はまぶたを固定する器具を着けるため、これを不快に感じる人も少なくありません。

このようなレーシックの痛みを和らげるために、レーシック眼科では点眼麻酔の種類や回数を調整したり、角膜保護用のコンタクトレンズや鎮痛内服薬を処方したりといった工夫を行っています。

眼科によっては、プラス1万円程度の追加料金がかかることもありますが、術後アンケートで98%以上の人が「ほとんど痛みを感じない」と回答するなど、確かな効果が感じられる痛みケアと言えます。

痛みが苦手な人や、痛みさえなければレーシックを受けたいと考えている人は検討してみてはいかがでしょう。

痛みケアを実施しているおもなレーシック眼科

視力回復相談室で相談する

 このページの上部へ