視力回復相談室

視力回復に関する様々な質問に回答する相談コーナー

最新の視力回復手術について教えてください

Q.47

レーシック手術ではない、視力回復手術があると聞いたのですが、どのようなものがあるのでしょうか?
最新の視力回復手術について教えてください。

27才・男・会社員

回答

レーシックは角膜を削る事で視力を回復する最も一般的な視力回復手術ですが、万能という訳ではなく、術後一定の確率でドライアイが出る、また一度手術しても生活習慣や年数が経過する事で近視が戻ってしまうという課題がありました。
また簡単な手術とはいえ、術後一定期間痛みがある事もレーシックが取り組むべき課題の一つとなっていました。

視力回復編集部

これらの課題に取り組み、次世代の視力回復手術として徐々に浸透してきているのが、新宿近視クリニックが提供する最新視力矯正レーザー手術ReLEx Smile(リラックススマイル)と、品川近視クリニックが提供するLext(レクスト)です。

以下にこれらの手術の特徴をまとめました。

ReLEx Smile(リレックススマイル)
新宿近視クリニックが提供する最新の視力矯正レーザー手術。通常のレーシックでは角膜切開幅が28mm程度あるが、ReLEx Smile(リラックススマイル)は、その幅を最少2mmまで縮小。この技術を確立した事で、角膜に優しく、ドライアイが起こり難い治療を実現。レーシック手術に不安を感じる人からの申し込みも多い。
Lext(レクスト)
品川近視クリニックが提供する最新の視力回復手術。一般的にはレーシックを行うと角膜を削るため角膜の強度が下がると言われているが、Lext(レクスト)では、角膜を逆に強化しつつ視力回復を行うため、近視の戻りを防ぎ、ハロー・グレアを軽減する等、これまでのレーシック手術で起こる可能性があった問題を解消している。

レーシックが不安と言う方はこれらの手術を検討するのも選択肢の一つです。

これを機に最新の視力回復手術としてReLEx Smile(リレックススマイル)とLext(レクスト)という手術がある事を憶えておいて頂けると幸いです。

視力回復相談室で相談する

 このページの上部へ