視力低下はなぜ起こる?

 以前よりも、遠くのものや近くのものが見えづらくなったとき、私たちは、「視力が落ちた」と感じます。
 生まれつきの近視や遠視・乱視以外にも、時間とともに進行する近視などが、このような視力低下の原因と考えられています。

近視になるわけ

 目が悪いと言われる日本人の多くは、近くはよく見える代わりに遠くが見えない近視の目です。他の国・他の民族と比べても近視人口が多いと言われる日本ですが、近視になる原因は、現在の医学でも、はっきりとはわかっていません。

視力低下はなぜ起こる?・画像

 親からの遺伝など、生まれつきの要素が大きいとする「遺伝説」と、目の使い方や照明の明るさ・栄養バランスなど、生活要素に重点を置く「環境説」とが知られており、この二つの説をあわせた複合的な原因によって近視が進むと考えられています。
 専門家のあいだでは、近視の原因は遺伝的要素の占める割合が大きいという見方が有力です。近視は89%の高確率で親から子へと遺伝し、それに関連した遺伝子も見つかっています。

 また、近視の進行しやすい時期というのもあります。よく聞かれるのが、子供の頃は目が良かったものが、思春期あたりから急に視力が落ち、眼鏡をかけるようになった、という体験です。

 一般に、0才〜20代前半にかけては、近視による視力低下の進みやすい時期と言えます。
 この頃は、ちょうど人間の体がもっとも成長する時期であり、身長などが伸びる一方で、眼球のサイズも少しずつ変化しています。眼球が成長すると、水晶体と網膜のあいだの距離が長くなり、光の焦点の位置が徐々に手前にずれてきます。
 中学生くらいまでの子供の目には、程度の差こそあれ、遠視の傾向が見られますが、遠視の場合は、もとから焦点が網膜より後ろで結ばれているため、眼球の成長によって焦点が前へずれると、ちょうどよい視力(正視)を得ることができます。
 しかし、もとから正視の目であった場合は、眼球の成長とともに焦点が手前にずれてくると、近視の目となり、遠くが見づらくなるのです。
 このような、屈折の度合いや眼球の成長ぐあいによる近視の進行は、おもに「遺伝説」の見方と言えるでしょう。

 また、「環境説」の観点からも、学齢期の子供は、勉強や試験で目を使う機会が多くなり、そこへ、テレビゲームやパソコン、猫背姿勢での読書などが加わると、目の負担がいっそう高まり、近視化が進むと考えられています。

近視の予防と視力回復

 近視を予防する方法としてよく言われるのは、あまり目を酷使せず規則正しい生活を心がける、ということです。たとえば「長時間のパソコン作業をしない」「暗い場所で本を読まない」「バランスのよい食事を摂る」などです。

 目は眼精疲労によって軽度の近視を起こす場合があり、生活が改善されて疲労が取れると、このような近視は通常の視力に回復する可能性があります。

 しかし、近視の原因が遺伝や眼球の成長にあった場合、その進行はあるていど必然的なものであり、近視を食い止めて視力を回復させることは非常に困難です。
 また、遺伝による近視は、矯正なしでほとんど視力が得られない強度の近視である割合が高く、生活の改善だけでは効果を上げにくいのも実情です。
  進行を止めづらい近視に関しては、どうしても予防ではなく回復の方法に、より注目が集まります。本サイトでも紹介しているレーシックオルソケラトロジーは、低下した視力を回復させる代表的な視力回復の方法です。

視力回復(レーシック、オルソケラトロジーなど)を専門とするおもな眼科
新宿近視クリニック 神戸神奈川アイクリニック 品川近視クリニック
新宿近視クリニック 神奈川クリニック眼科 品川近視クリニック
新宿、銀座、大阪に拠点を持つレーシック眼科。レーシックやオルソケラトロジーをはじめ、老眼治療、フェイキックIOL、ReLEx Smile(リレックススマイル)などの多彩な術式を扱う。術後の保証は最長10年間 札幌・東京・名古屋・大阪・神戸・九州に拠点を持つレーシック眼科の大手。一部のレーシックでは、術後の再手術や検診を永年無料で対応。「現金割引」や「グループ割引」などの割引制度も充実している 銀座・名古屋・大阪・福岡に医院を持つレーシック眼科。手術後の追加矯正保障は最長10年間(一回まで)。来院時「サポート会員」に入会すると術後の痛み緩和プログラムを無料で受けることができる
【費用】
  • レーシック…両眼7.15〜29.8万円(税抜)
  • オルソケラトロジー…両眼14.1〜17万円(税抜)
  • 老眼治療…片眼25万円(税抜)から
【費用】
  • レーシック…両眼15万円〜40万円(税込)
  • オルソケラトロジー…両眼18万円(税込)
  • 老眼治療…両眼37〜98万円(税込)
【費用】
  • レーシック…両眼7〜29.7万円(税抜)
  • オルソケラトロジー…両眼8.4万円(税抜)
  • 老眼治療…片眼27.6〜両眼43.6万円(税抜)

レーシック比較 実際にレーシックを受けたユーザーの口コミ・評判をもとにレーシック眼科を比較。

「目によい生活・5つのポイント」 目の負担を減らして視力低下を防ぐための目の使い方・生活習慣とは?

ページトップへ

レーシック比較

レーシック比較|代表的なレーシック眼科を口コミで比較!

サービス内容を詳しくチェック

新宿近視クリニックこのサイトに行く

新宿・大阪に拠点を構えるレーシック眼科。レーシック7.15万円(税抜)、イントラレーシックは18.4万円(税抜)とリーズナブル。イントラレーシック・iDesignレーシック・LASEKは、追加矯正費用が10年間無料。薬代も1年間無料となる。レーシックのほか、二重手術や眼瞼下垂手術など美容整形も実施

神戸神奈川アイクリニックこのサイトに行く

レーシックの草分け的存在。手術費用はスタンダードレーシックを15万円(税込)で提供しており、品川近視クリニックと並んで業界トップクラスの低価格を実現。また、手術後の保障も手厚く、プレミアムアイレーシック等、上位のレーシックは、万一の再手術や合併症治療、術後の検診・投薬代が期間を定めず無料となる

品川眼科クリニックこのサイトに行く

手術費用はスタンダードイントラレーシックが8.6万円(税抜)からとなっており、業界の平均費用を大幅に下回る。術前の適応検査は無料、手術後は最大10年間の追加矯正保障が付帯。遠方からの手術希望者のための交通費補助なども行っており、費用・保障ともに充実した、トップクラスのレーシック眼科

錦糸眼科このサイトに行く

手術費用はマイクロ・レーシックが8万円(税込)、フェムトレーザー・レーシックが26万円(税込)から。手術後の保障は、保障期間を定めず万一の視力低下時の追加矯正を実施。最強度近視や高齢者近視など、難易度の高い近視治療も行う。東京、札幌、名古屋、大阪、福岡と全国に治療院を持ち、利便性が高い

南青山アイクリニックこのサイトに行く

東京に拠点を持つレ―シック眼科。著名人の利用も多く、オルソケラトロジーや通常の眼科診療も行っている。イントラレーシックは両眼38万円〜48万円(税込)。レーシックとオルソケラトロジーでは学割も実施している

更に詳しく見る

レーシック比較枠画像

ピックアップ

おすすめ商品の紹介|視力回復、近眼の予防に役立つ商品の紹介

食事と平行して、かしこく使いたいサプリメント。目に効く栄養素配合の製品を集めました。

わかさ生活ブルーベリーアイ画像

アントシアニン含有量の多いビルベリーほかカロテノイド、ルテイン等26種類の成分を配合。長時間のパソコン作業・読書に。 31粒(ソフトカプセル)入り/1日目安量1粒/約1か月分/1袋 1,680円(税込・送料無料)

この商品をチェック

ファンケルブルーベリーサプリ画像

アントシアニンを多く含む北欧産ブルーベリー(ビルベリー)とカシスを配合。眼精疲労の回復と近視進行の抑制効果。 60粒入り/1日目安量2粒/約30日分/1袋 1,018円(税込)

この商品をチェック

ファンケル DHA画像

青魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPAを配合。視神経の発達を促進し、神経伝達を活発化。 150カプセル入り/1日目安量5カプセル/約30日分/1袋 1,728円(税込)

この商品をチェック

アサヒフードヘルスケア トリプルQ10画像

細胞の老化を抑制するコエンザイムQ10、アルファ-リポ酸、L-カルニチンのほか、眼精疲労の回復や、充血の鎮静に役立つビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、クエン酸を配合。 90カプセル入り/1日目安量3カプセル/約30日分/ 1袋 5,040円(税込)

この商品をチェック

おすすめ商品枠画像

ページトップへ