視力回復 ニュース

注目の視力回復―ICLとは?

レーシックに代わる最新の視力回復方法として、「ICL」が注目を集めている。
「ICL」とは、「Implantable Contact Lens」の略称で、極小のレンズを目の中に移植することで近視や乱視を矯正する外科手術。
レンズを「後房」と呼ばれる目の裏側(黒目と水晶体の間)に固定するため、「有水晶体後房レンズ」「後房型フェイキックIOL」「有水晶体眼内レンズ」ともいう。
レーシックのように角膜を削る必要がないため、角膜の厚み不足でレーシックによる矯正が難しい場合でも対応可能。また、レーシックよりも傷口が小さく済み、術後の視力変動やドライアイが軽減される点もメリットとなっている。現在、世界中で37万件の手術例があり、日本でも急速に広まりつつある注目の視力回復法だ。

人体組織に近い特殊素材レンズを使用

ICLで挿入するレンズは、「コラマー」と呼ばれる、コラーゲンを含んだやわらかい素材でできている。コラマーは生体適合性が高く、目の中に入ると、コラマーに含まれるコラーゲンが体内の糖淡白と結合し、レンズ表面に膜を形成する。この膜により、レンズは目に入れても異物として認識されにくく、長期間にわたり曇ることがない。そのため、特別なメンテナンスをしなくても矯正視力を維持することができる。また、ICLのレンズは黒目と水晶体の間に固定されるため、肉眼では見えず、ずれる心配もほとんどない。
ICLの手術は10分~20分程度。まず、目薬タイプの麻酔をしてから、角膜を約3mm切開し、そこから、インジェクターと呼ばれる挿入器を使用し、レンズを小さく折りたたんだ状態で挿入する。傷口が小さいため、日帰りでの手術が可能だ

ICLのメリットとは?

注目の視力回復―ICLとは?

ICLのメリットは、一つには目に対する負担が少なく、視力の回復度・安定性が高い点だろう。
比較的広範囲の角膜を削るレーシックでは、手術後、一時的にドライアイや、暗い場所で光がにじむなどの視覚障害が生じる可能性がある。一方、ICLでは約3mmという小さな傷で済むため、術後の視力の安定が早く、ドライアイや視覚障害も軽減される。また、水晶体に近い位置にレンズを固定するため、矯正精度が高く、術後の視界がレーシックよりも鮮やかになるうえ、手術後に視力が再び低下する「再近視化」も起こりにくいとされている。

2つ目のメリットは、レンズを取り外して、矯正前に戻すことができる点。
レーシックでは削った角膜を元にもどすことができないが、ICLではレンズを取りはずすことで、眼を手術前の状態に戻すことができる。見え方に不満がある場合や、度数が進行した場合には、調整することが可能なのだ。

3つ目のメリットは、レーシックでは対応が難しいこともある強度の近視・乱視や、角膜不足のケースも、ICLであれば手術可能である点。
レーシック手術を受けたいが、視力や角膜の状態により適応検査の段階で不適合となってしまった人には、有力な候補となるだろう。

ICLのデメリットとは?

ただし、ICLにもデメリットがある。一つは費用面で、ICLの費用は現在60万円から80万円と、一般的なレーシック手術(20万円前後)の3倍から4倍かかる。また、まれに挿入レンズと水晶体が適合せずに白内障を誘発するケースがあり、その場合はレンズを一度はずして治療を受けることになる。
メリットは多いが、手術である以上は、レーシック同様、ある程度のリスクがあることは避けようがない。信頼できる医師のもとで、よく相談しながら手術を検討することが大切だろう。

リスクを軽減する新しい視力回復方法に注目

注目の視力回復―ICLとは?

費用面や合併症のリスクを考慮しても、レーシックが受けられない人にとってICLは非常に有効な視力回復法と言える。知名度こそまだ低いものの、これからますます普及し、費用面でも利用しやすくなっていくだろう。
レーシック眼科の中には、すでにICL(フェイキックIOL)の取り扱いを開始し、高い手術実績を持つ眼科が複数登場している
手術後のリスクが原因でレーシックを迷っている人は、次世代型の視力回復方法として注目度が高まるICLをチェックしてみてはいかがだろう。

ICL手術を行っているおもな眼科

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック・画像

フェイキックIOL(ICL後房型)
57.5万円(税抜)・1年間保証

新宿近視クリニック公式サイトへ

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック・画像

ICL(アイシーエル)
58万円(税込)・3年間保証

神戸神奈川アイクリニック公式サイトへ

南青山クリニック

南青山クリニック・画像

ICL(後房型フェイキックIOL)
99万円(税込)

南青山クリニック公式サイトへ

 ページトップへ

 このページの上部へ