視力回復 ニュース

失明原因の第4位 加齢黄斑変性の症状とは?

近年、急速に患者数が増加している眼病・加齢黄斑変性。欧米では成人の失明原因第1位になっている代表的な眼病の1つで、日本においても人口の高齢化や食生活の欧米化などにより、ここ10年で患者数は2倍に。成人の失明原因の第4位に浮上している。

加齢黄斑変性の症状

加齢黄斑変性の症状とは

「加齢黄斑変性」の「黄斑」とは、外からの光を感じ、電気信号として脳に伝える「網膜」の中心部分のこと。網膜は例えるならば映画のスクリーンに当たる部分で、外から入った光がスクリーンに映されることで、私たちは映像を見て認識することができる。黄斑はそのスクリーンの中心部分。例えば、読書をしているとき、今まさに読んでいる文字の視界を担当しているのが黄斑で、本の外側のぼんやりとしている部分を担当するのが黄斑の周りの網膜だ。加齢黄斑変性ではこの黄斑部の働きが阻害され、視界の中心部に異常が起る。

加齢黄斑変性の症状は、進行度によって3つに分けられる。1つ目が変視症と呼ばれる視界のゆがみ。この状態になると視界の中心部に映るものが、本来はまっすぐなものでもゆがんで見える。

さらに、症状が進むと、ゆがみに加え、中心部が見えなくなり、最終的には色も識別不可能になり、場合によっては失明にいたるケースもある。

ただ、加齢黄斑変性の9割を占める滲出型加齢黄斑変性は、早期の発見・治療で症状の悪化を防ぐことが出来るため、思い当たる症状が出たらすぐに対応する事が大切だ。

加齢黄斑変性のチェック方法

加齢黄斑変性の症状とは

加齢黄斑変性の特徴は、視力低下と視界のゆがみ。その傾向が出ているかどうかは、アムスラー検査という家でもできるチェック方法が有効とされている。手順としては、方眼紙もしくは碁盤の目のような図を片目ずつ見て、格子の見え方がゆがんでいないか、中心部に黒い点がないかを確認する。もしも該当するようならば、すぐに医者に相談したほうが良いだろう。

加齢黄斑変性の発症を抑えるサプリメント

アムスラー検査でチェックしても異常は見つからなかったという人でも、加齢黄斑変性のリスクがないとは言い切れない。喫煙者や肉中心の生活をしている人は、加齢黄斑変性のリスクが上昇すると医師眼科協会は説明している。

また、予防として禁煙や野菜中心の食事、そしてサプリメントを取ることが大切。特にビタミンC、ビタミンE、ベータカロテン、亜鉛に加齢黄斑変性を抑える効果があることがわかっているため、加齢黄斑変性の発祥が増えるという50才以上の人は、サプリメントの摂取を検討すると良いだろう。

眼病には、加齢黄斑変性以外にも、加齢とともに発病しやすくなるものが多い。生活習慣を変える、サプリメントをとるなど日ごろから目をケアし、クリアな視界を保てるようにしよう。

加齢黄斑変性を抑えるサプリメント

ファンケル アセロラ果実ビタミンC&ポリフェノール

ファンケル アセロラ果実ビタミンC&ポリフェノール・画像

ビタミンCが豊富な早摘みアセロラと、ビタミンCの吸収を助けるポリフェノールを配合

価格 1袋(15日分)1,738円
1日の目安 6粒

ファンケル ビタミンE ナチュラルミックス

ファンケル ビタミンE ナチュラルミックス・画像

天然由来のビタミンEを自然に近い配合で摂取できる

価格 1袋(1か月分)594円
1日の目安 1粒

ファンケル カロテンA ナチュラルミックス

ファンケル カロテンA ナチュラルミックス・画像

1日に必要な緑黄色の2.5倍相当のカロテノイドを配合

価格 1袋(1か月分)1,183円
1日の目安 1粒

 ページトップへ

 このページの上部へ