視力回復 ニュース

視力回復の大切さ伝える動画―視力0.1以下の人がサッカーをすると・・・?

コンタクトレンズメーカーの「ジョンソン・エンド・ジョンソン・ビジョン・カンパニー」が、視力回復に関するユニークな動画をWEB上で配信中です。その名も「サッカー U-0.1 選手権」。動画のコンセプトは「普段華麗なプレーをするサッカー選手たちが、裸眼でプレーをするとどうなるか?」

※2016年4月現在動画は配信を中止しています。

プレイ前は「裸眼でも問題ない」と自信満々だった選手達も、豪快な空振りを連発し、普段ならばありえないプレイをします。 ついつい笑ってしまいますが、目が悪い人にとっては他人事ではありません。
たとえば、仕事中または授業中にコンタクトがとれてしまった、コンタクトがとれたが洗浄液がなく着け直せない、忙しくてコンタクトレンズのストックを買いにいくことができず、在庫が切れてしまった等々・・・コンタクトやメガネのトラブルのせいで、いつもの半分の力も出せずに悔しい思いをしたり、周囲に迷惑をかけてしまったことはないでしょうか?

今回の動画は、ジョンソンエンドジョンソングループがFIFAワールドカップのオフィシャルサポーターであることから、スペシャルサイトに掲載されました。特にスポーツ選手は、最高のパフォーマンスを出すために「視力」が非常に重要です。
スポーツ以外でも、「よく見える」ことは、日常の生活をこなし、よい仕事をする上でなくてはならないことでしょう。コンタクトやメガネがなくても「見ること」に困らない生活は、コンタクト・メガネユーザーとって憧れですよね。

眼鏡・コンタクトレンズがなくても最高のパフォーマンスをしよう

メガネやコンタクトいらずになる視力回復の方法にはどんなものがあるでしょうか。今回は3種類を紹介します。

①「レーシック手術」・・・非常にポピュラーになった視力矯正法。角膜を削り、視力を回復する。価格が手頃で手術実績も豊富だが、技術力の低い眼科で手術を受けると後遺症や副作用が問題になる場合も。信頼のおける医師を探すこと、事前に情報収集をすることが大切。

②ICL(フェイキックICL)・・・眼球にレンズを挿入し、視力を矯正する方法。価格はレーシックと比較すると少し高めだが、安全性や視力の安定度が魅力。

③オルソケラトロジー・・・夜間の就寝時に特殊なコンタクトレンズを装着することで、昼間は裸眼で過ごせるようになる視力回復方法。手軽さと、リスクの低さが魅力。レーシックやフェイキックIOLの手術に不向きな子供でも視力の矯正を行うことができる。

野球の松坂大輔選手やサッカーの本田圭佑選手をはじめ、スポーツ選手の中には、このような手術を受けて視力を回復させている人が大勢います。
さまざまな視力回復方法の中から、自分に合ったものを見つけ、コンタクトやメガネに左右されず、いつでも100%の力を出し切れる生活を手に入れましょう。

 ページトップへ

 このページの上部へ