視力回復 ニュース

つらい疲れ目の症状を抑える 疲れ目対策法

いまや私たちの生活になくてはならなくなったパソコンやスマートフォン。便利な機器である一方、ディスプレイ画面を長時間見つめることにより疲れ目のリスクが増大している。
今回はパソコンやスマートフォンを使いながらも、上手に疲れ目の症状をやわらげる方法を紹介する。

疲れ目対策法

疲れ目の最大の原因は、ディスプレイを長時間見続けることと言われる。ディスプレイを見つめ続けることにより、瞬きの回数が極端に減り、目が乾燥してドライアイ状態になる。また、特にスマートフォンを使用しているときは、ドライアイに加え、目とディスプレイの距離が非常に近くなることによって、ピントを調整する筋肉を酷使し、目に大きな負担を掛けてしまう。
その他に液晶画面が発する「ブルーライト」が目の奥の網膜まで届き、目に負担を掛けていることも指摘されている。

スマートフォン、パソコン画面の悪影響

  • 瞬きが減りドライアイに
  • 目の焦点を近距離に合わせ続けることで、ピント調節機能が弱体化
  • ブルーライトが目の疲労を促進する

疲れ目は、遠くのものがぼやけて見えるなどの症状が出ても、睡眠で目を休めれば症状が軽くなるものを指す。しかし、日常的にディスプレイを見つめ続けて、疲れ目の対策をとらなければ、肩こりや吐き気など慢性的な症状へと発展する可能性が高い。

「疲れ目」を慢性化させないためにはどうすれば良いか。それには上記に挙げた、長時間のパソコン・スマートフォン操作による悪影響を少しでも軽減することが大切だ。

例えばドライアイの対策では意識的に瞬きをすること。それと同時に、回数や時間を決めて定期的に目薬を指す習慣をつければ、ドライアイのリスクは大幅に減少する。

ピント調節機能の弱体化に対しては、筋肉の疲労を取るビタミンE入りのサプリメントを取ったり、作業中1時間に1回は遠くを見て、目の筋肉を休めることが効果的とされている。

また、最近ではブルーライトを軽減するメガネも人気を集めており、ブルーライト対策グッズを使用するのも効果的な対策といえるだろう。

疲れ目対策方法

  • 意識的に瞬きをする
  • ドライアイ用の目薬を差す
  • ビタミンE入りのサプリメントを取る
  • 作業中1時間に1回遠くを見る
  • ブルーライト軽減グッズを利用する

疲れ目を適切にケアすることは、ひいては作業の効率化にもつながる。疲れ目が気になる人は、この機会に自分の目をきちんといたわってはいかがだろうか。

 ページトップへ

 このページの上部へ