視力回復 ニュース

メガネとコンタクト、目に良いのはどっち?

メガネとコンタクト、どっちがより目に優しい?目になるべく負担をかけない、メガネ・コンタクトとの賢い付き合い方を解説。

メガネとコンタクト、負担が大きいのは?

どっちが目に優しい?メガネとコンタクト

目が悪い人にとって、メガネ・コンタクトは日常生活を送るために欠かすことができない存在。しかし、どちらを選択したほうが目に良いのかは悩むところだろう。
目に与える負担に焦点を置くと、メガネ・コンタクトのメリット・デメリットは以下のようになる。

メガネのメリット・デメリット
  • 眼球を傷つける心配がない
  • シチュエーションに合わせて着脱しやすい
  • レンズ部分と裸眼部分でピントが異なるため、頭痛やストレスの原因となることも
コンタクトのメリット・デメリット
  • 眼球全体を覆うため、ピントの差が発生しない
  • 装着する際に眼球に触れる必要がある
  • 酸素透過率が低いレンズでは、長時間の使用で角膜が酸欠状態になることも

メガネのメリットは眼球に直接触らなくても良いため、眼球を傷つける心配がない点。
一方、レンズ部分と裸眼部分でピントにズレが生じ、特に使用を始めたばかりのときにストレスを感じる可能性がある。
コンタクトでは、眼球に直接レンズを装着するため、そのようなピントの差は生じない。しかし、眼球に直接触れるだけあって、使い方を誤ってしまうと、深いダメージを負うリスクもある。

メガネとコンタクトを比較すると、目に負担をかける可能性はどちらにもあり、一方を良いと断言することはできない。
PCで仕事をするときは、ピントを近くに合わせすぎないように着脱できるメガネを使ったり、スポーツをする際はピントのずれを感じないようにコンタクトを使ったりするなど、ライフスタイルに合わせた選択が必要だろう。

また、メガネに関しては、日常用、遠くを見る用、近くを見る用など作業ごとに度数の違うメガネを使い分けることにより、目に負担がかかりにくくなるといわれている。
例えばPCの作業を何時間もする場合、遠くまで良く見える矯正視力1.0のメガネを使用していると、ピントをより近くに合わせることになり、目の筋肉が疲労しやすくなる。このような場合、矯正視力が0.6~0.8のメガネにかけかえることで、ピントを合わせる位置を遠くし、負担を軽くすることができる。特に長時間のPC・スマホ作業は目に大きな負担を与えることが指摘されているため、PC用のメガネを検討している人は、度数を低くすることも考えるとよいだろう。

目の負担をなるべく軽減したいという人は、日頃の食事から見直し、ビタミンA、C、Eなど目に良い栄養素をとるのもひとつの手。
メガネ・コンタクトを自分のライフスタイルに合わせて使い分け、日頃の生活から目をいたわることが大切だろう。

 ページトップへ

 このページの上部へ