レーシックの手術後の生活

レーシックを受けたあと、「今まで通りの生活ができるか」、「手術を受けたことで制限される行動がないか」などは、多くの方が気になるポイントでしょう。
ここでは、手術直後から視力安定後まで、レーシックの手術後の生活に触れていきます。

レーシック直後、目の状態はどうなっている?

レーシック直後、目の状態はどうなっている?・画像

レーシック直後の目は、レーザーを照射した手術部位の上に、フラップ(角膜でできたフタ)がかぶさっている状態です。
フラップは、1~2週間ほどで切断面が再生し、角膜に密着しますが、もしもその前に、目に強い衝撃が加わったり、汗・ゴミなどが付着すると、フラップにずれやシワが起こり、視界のゆがみや細菌感染などを引き起こす可能性があります。

特に、フラップが安定するまでの1~2週間は、目の取り扱いについて、充分な注意が必要です。

手術後1~2週間のあいだに特に気をつけたいこと
目をこすらない
目に強い衝撃を与えない
汗や水が入らないようにする
異物(化粧の粉や砂など)が入らないようにする
目を酷使しない(パソコン、読書、テレビ鑑賞などを控える)

レーシック眼科の中には、手術後、目を保護するサングラスや眼帯などを支給する病院もあります。手術後の目の取り扱いについては、レーシックを受けた眼科の指示に従ってください。

レーシック直後の視力、視界の状態

レーシック直後の視力や視界の状態には個人差が見られます。
手術直後、別室で休んでいる最中から早くも改善が見られる場合もあれば、この時点では視界に白いもやのようなものがかかって見えにくい場合もあります。
また、異物感(ゴロゴロするなど)や、夜間の光を明るく感じる(グレア)、光の周囲に輪が見える(ハロ)といった現象が起こることもあります。

こうした症状は、時間の経過とともに数日~数ヶ月で収まる場合がほとんどです。眼科に処方される点眼薬をさし、定期検査にも忘れずに通いましょう。
視力は、手術直後に若干の変動が見られるものの、おおむね1~3ヶ月ほどで安定します。

レーシック後の定期検査

レーシックを受けたあとは、定期的に眼科へ通い、角膜の状態や、視力回復の様子などを確認します。
手術部位の治り方、組織の再生の仕方などには個人差があり、それによって視力が変動する場合も見られますので、定期検査は眼科に指示された期日に必ず受診しましょう

日常生活への戻り方

手術後1~2週間は、入浴や洗顔などの日常動作も、あるていど制限されます。それぞれの動作と、手術後いつごろから始められるかの目安を下表にまとめました。

動作 開始の目安 備考
洗顔 数日~1週間後 ※許可が出るまでは、目に水が入らないようにし、濡れタオルなどで拭く
洗髪 数日~1週間後 同上
入浴・シャワー 入浴 翌日以降(首から下まで) ※入浴・シャワーともに1週間は目に水が入らないようにする
シャワー 1週間後
化粧 数日~1週間後 ※アイメイク以外は、洗顔が可能になりしだい行なえる
アイメイク 1週間~2週間後  
仕事 デスクワーク 数日後  
パソコン作業 1週間後
野外のハード作業 1週間後
喫煙・飲酒 喫煙 翌日  
飲酒 1週間後
パソコン・テレビ・読書 パソコン 1週間後  
テレビ・読書 長時間の鑑賞を控える
車・バイクの運転 回復後の視力に慣れてから ※特に夜間の運転は、視力安定後が望ましい
飛行機での移動 翌日以降  
運動(スポーツ) ジョギング、ゴルフ 1週間後 ※手術直後~1週間は、目をぶつける可能性がある運動や目に汗が入る運動を避ける
球技(野球、サッカー、テニスなど) 1ヶ月後
マリンスポーツ(水泳、サーフィン、ダイビングなど) 1ヵ月後

回復後の視力を維持するために

回復後の視力を維持するために・画像

手術から数ヶ月以上が経過して、視力が安定したあとは、回復した視力を維持することが、より重要になってきます。

特に大切なのは、目の使い方に注意することと、目に良い生活習慣を身に着けることです。
たとえば、「長時間のテレビ鑑賞を避ける」、「適度な明るさの照明をつける」、「姿勢を正す」、「栄養バランスの取れた食事をする」など、生活の端々を工夫していくことで、術後の視力維持はもちろん、目の健康についての意識も高めることができるでしょう。

レーシックで視力回復を果たしたあとは、せっかくの良好な視力を再び失ってしまうことがないよう、ぜひ、これらのライフスタイルを実践して、目をいたわる生活をはじめましょう。

 ページトップへ

 このページの上部へ