視力回復相談室

視力回復に関する様々な質問に回答する相談コーナー

レーシック、メガネ、コンタクトレンズの中では、どれが一番お得なのでしょう?

Q.1

回答

レーシック、眼鏡、コンタクト、それぞれに長所・短所があるので一概にどれがお得と言うことはできません。

例えば、初期費用を考えると、一般的にレーシックは10万~20万、眼鏡は5千円~1万5千円、コンタクトは2万~3万円程度(※ソフトレンズ使用時)の費用がかかります。

視力回復編集部

費用面から見ると、眼鏡やコンタクトの方がお得に見えますが、この2つには、メンテナンスの費用がかかることを忘れてはいけません。
目が悪くなればレンズをいれかえなければいけませんし、レンズが割れたり無くしたりした場合は、再度購入する必要があります。
また、日々の生活の中で眼鏡(レンズ)をつけたりはずしたりという手間もかなりのものです。

対して、レーシックは日々の生活に気をつける必要はありますが、メンテナンスフリーです。眼鏡やコンタクトから開放されるという点も大きなメリットと言えます。これらのわずらわしさから開放される事を考えると、長い目で見れば、レーシックのほうがお得になるケースも多いでしょう。

ただ、レーシック手術を行い、視力が回復しても、目に悪い生活をしていると、再度目が悪くなることもあります。そうなると、レーシックのほうが高くつく可能性も出てきます。

どの方法がお得と考えるかは人それぞれです。大切なのはそれぞれの長所、短所をしっかりと把握した上で、自分が希望する手段を選択することではないでしょうか。

視力回復相談室で相談する

 このページの上部へ