視力回復用語集

乱視

らんし

目の屈折異常の一つ。眼球のかたちや、角膜・水晶体などのゆがみによって、外部から入った光が眼球内部で焦点を結ばない状態。ものがぼやける、あるいは二重に見える。
通常、人間の眼球は完全な球面であることはなく、乱視は万人に認めることができる。
軽微の乱視の場合は問題視されないものの、「映像が大きくゆがむ」「何重にもぶれて見える」など、日常生活に支障をきたす場合は、メガネや外科手術などによって矯正が行なわれる。

関連特集
近視・遠視・乱視とは?

 ページトップへ

 このページの上部へ