視力回復用語集

弱視

じゃくし

目の障害の一つ。目の機能が弱く、メガネやコンタクトレンズで矯正をしても0.3未満の視力にとどまる場合を指す。
弱視の原因は、先天的または後天的要因で乳幼児期に充分な光刺激を受けることができなかったことによる視力の未発達など。視力が発達段階にある0~7才頃までに発見された弱視は、視能訓練などにより回復が可能となるが、それ以降の矯正は困難であることが多い。

 ページトップへ

 このページの上部へ