視力回復用語集

PRK

Photo Refractive Keratectomy

レーシック以前から行われてきた視力矯正手術。フラップを作らず、角膜上皮をエキシマレーザーで切除することにより、屈折率を矯正する。
切り取られた角膜上皮は約2週間程度で再生するが、他の手術よりも痛みが持続し、回復までは角膜保護用コンタクトレンズの装着が必要。
レーシックと異なり、両目を同時に手術できないなどの短所が見られるものの、手術後にフラップのずれが起こらないため、ボクシングや格闘技などの激しいスポーツの選手に向く。

PRKを実施している眼科
神戸神奈川アイクリニック
南青山アイクリニック

 ページトップへ

 このページの上部へ