視力回復用語集

近視

きんし

目の屈折異常の一つ。光の焦点が網膜よりも手前で結ばれた状態。
近距離にはピント合わせを行なうことができるが、遠距離に対してはピントを調節することができない。
メガネやコンタクトレンズで光の屈折率を矯正(補正)するほか、角膜の屈折矯正手術(レーシックなど)によって焦点の位置を網膜上に調節することが可能。

関連特集
近視・遠視・乱視とは?

 ページトップへ

 このページの上部へ