視力回復用語集

不正乱視

ふせいらんし

角膜表面に凹凸があることで、眼からの光が網膜のどこにも結ばれない状態。眼鏡による矯正が難しく、通常、ハードコンタクトレンズ等で矯正を行なう。
一般の乱視(正乱視)と区別される。
まれに、非眼科専門医施設で行なわれるレーシックにより、術後不正乱視が発生する場合がある。

 ページトップへ

 このページの上部へ