視力回復用語集

遠視

えんし

目の屈折異常の一つ。光の焦点が網膜よりも後方で結ばれた状態。
遠距離と近距離の両方に対してピント調節を行なうため、眼精疲労を起こしやすく、頭痛・肩こりの原因となる場合が多い。
遠視の多くは先天的であり、特に小児のほとんどの目には遠視が見られる。眼球の成長とともに、遠視は徐々に弱まる傾向があるものの、強度遠視の場合は、眼球の成長や目のピント調整機能が追いつかず、日常生活に支障をきたすケースや、弱視となるケースなどが見られる。

関連特集
近視・遠視・乱視とは?

 ページトップへ

 このページの上部へ